こんな時代に真面目で何が悪い

友達へのメールでも句読点はちゃんと付けます。はい。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「男らしい人」が良いのはわかる でもそのためには男女平等は捨てるべき

草食系だとか肉食系だといった言葉が使われる現代。


「草食系男子」なるものが台頭し、女性の言い分では男らしい人が減ったという。


でも、男らしい人がいいのであれば、まずは男女平等の風潮から変えていかなければならない。


 

そもそも「男らしさ」は何から生まれるのかを女性はわかっていない。
女性は男性を経験したことがないから、それは仕方のないことだと思う。


男らしさとは「荒々しさ・粗暴さ」からにじみ出てくるものであり、「自己中心性」なしには語ることはできない。
間違っても「気遣い・優しさ」からは生まれない。


それなのに女性は「男なら細かい事気にするな」なんて言う一方、女性は男性にマメさや細やかなエスコートを期待している。
なんともおかしい話である。


もちろん、両方備わっているパーフェクトな男も稀にいるだろう。
でも、女性のニーズを満たすパーフェクトな(都合の良い)男なんてそうそういる訳がない。


もし男らしい男性が多い世の中になってもらいたいと思うのであれば、今ある男性に対する制約をなくし男性を優位に立たせて伸び伸びとさせなければ男らしさなんて育たない。



そもそも、現代の子育てをするお母さんに「男らしい子に育てる」なんて風潮はない。
男女平等という社会の機運に沿って、女性に周囲に気遣いができる優しい男子になってもらいたいと育児に精を出す。
実に結構なことだと思う。


ちゃんと思い通りの優しい子が多く育っているというのに、「男らしい人が少ない」とはどういう事なのか。


優しい男性と男らしい男性はまったく逆!
頼むからどちらか一つにして欲しい。



男らしい人が好きなのはわかる。


ただ、男らしい男性を増やすのであれば
まずは「男女平等」という言葉の刀狩りから始める事になる。


昔の方が男らしい男性が多かったというが、それは男尊女卑の社会だからこそ「男らしさ」が育っていたのは事実。
女性は男性の傘下に入り、男性は優位な立場と引き換えに女性や家族を守るという相互利益で成り立っていた。


男らしい男性を作り上げるために男尊女卑を受け入れて、男性を常に立てて三歩後ろを歩く。
そんなことをしてまで「男らしい男性」を求めますか?



現代の男性は気遣いも優しさもスマートさも清潔さ持ち合わせているというのに。


女性に対して「女らしくしろ」というのは男女平等の精神に反するようで、社会的に言うのをためらわせる空気がある。
気遣いのできて空気が読める現代男性は、もちろん摩擦を起こすような事はしないのもある。



「男らしさ」うんぬん以前に、現代の若い男性は再評価されるべきでは?


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。