こんな時代に真面目で何が悪い

友達へのメールでも句読点はちゃんと付けます。はい。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSYでやりすぎたか!?YouTubeの検索結果が再生回数ではなく視聴時間重視へ

最近、韓国アーティストのPSYが人気だとネットでもテレビでも目にする。


そのPSYの曲『江南スタイル』のYouTube再生回数はなんと4億回!


これがどれくらいすごい数字かというと、日本でも猛プッシュしていた少女時代は5千~8千万回、世界中に知られているレディー・ガガの曲『Born this way』が1億回だ。


 

韓国には国家ブランド委員会という韓国文化を世界に売り込む組織があるのは有名だが、これはあまりにやりすぎだろう。
PSYは新しいネタになるし大々的に売り出したい気持ちはわかるが、ガガを超える数字を出したのは失敗だといえる。


それが関係してか、YouTubeを運営するGoogleはYouTube検索結果を再生回数重視から視聴時間重視へと方向転換した。


ソース:YouTube Creator Blog
http://youtubecreator.blogspot.jp/2012/08/youtube-now-why-we-focus-on-watch-time.html





ちなみに、このPSYの江南スタイルの再生回数4億回は86日で達成されたと韓国紙が報じている。


たった86日でレディー・ガガの4倍?
もはや世界ツアーで各国会場を満員にできるレベルといえる。
本当にそんなにハードル上げて大丈夫なの?



“国際歌手”PSYの『江南(カンナム)スタイル』が86日間で、ユーチューブ再生回数4億回を超えた。

「江南スタイル」は1日午前に4億回を超え、世界を注目させた。7月15日のプロモーションビデオ登録から52日目となる9月4日に1億回に達した。その14日後の18日に2億回を突破した。1億回から2億回に達するまで14日間かかったのに対し、2億回から3億回、3億回から4億回に達するのはともに10日間だった。

PSYは5日、世界最高権威のビルボードメインチャート「HOT100」で2週連続2位となった。人気が続いているということだ。

ユーチューブ歴代最多再生回数の映像1位はジャスティン・ビーバーの『Baby』(7億7822万回)で、ジェニファー・ロペスの『On The floor』(6億263万回)、2010南アフリカFIFAワールドカップ公式テーマ曲『WakaWaka』(4億9346万)、LMFAOの『Party Rock Anthem』(4億8511万回)が後に続いている。『江南スタイル』はユーチューブ再生回数9位。

PSYは国内での公演および放送、釜山国際映画祭出演などで忙しいスケジュールを消化している。

(中央日報10月8日)


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。