こんな時代に真面目で何が悪い

友達へのメールでも句読点はちゃんと付けます。はい。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】競売にかけられたカタリナ・ミグリオリニさんの「処女権」を日本人男性が6200万円で落札

処女の性交渉前後の心境の変化を追うオーストラリアのドキュメンタリー映画の企画が話題になっている。


ブラジル人女性の「処女権」は競売にかけられ、落札したのが日本人男性だという。


これに対し、ネットでは多くの避難が見られる。


処女を神聖なものとして扱いたい気持ちはわかる。


個人的には反対はしない。


ただ、自分のような古風なタイプは、性体験を「ただの経験」としたり「お金になる」と考える人とは実生活で関わりたいとは思わない。


 

こちらがカタリナ・ミグリオリニさん。
普通に可愛いから困る。




ブラジル南部サンタカタリナ州に住む20歳の女性が自身の「処女」をインターネット上で競売に掛け、日本人男性を名乗る人物が24日、78万ドル(約6200万円)で落札した。ネット上では「売春だ」「汚らわしい」などの批判が相次ぎ、議論を呼んでいる。

地元メディアによると、女性は学生のカタリナ・ミグリオリニさん。性体験の前後で男女の内面がどう変化するかを描くオーストラリアのドキュメンタリー映画の企画に応募し、1回だけ性交渉を持つ権利について9月中旬に競売を開始した。

日本人のほか米国人3人とオーストラリア人、インド人の計6人が競い「ナツ」と名乗る日本人が4万ドル差をつけて落札した。

ミグリオリニさんは受け取った金で非政府組織(NGO)を設立し、貧困層向け住宅を建設するとして「売春」との見方を否定している。

同じ映画の企画で、性体験のないロシア出身オーストラリア在住の男性(23)も相手を募集し、ブラジル人女性とみられる人物が同日、3千ドルで落札した。

(中国新聞10月25日)


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。