こんな時代に真面目で何が悪い

友達へのメールでも句読点はちゃんと付けます。はい。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェラーリで公道を時速124km暴走 YouTube投稿から発覚 福岡の医師を書類送検

暴走車が公道を時速124km暴走

一般道を124kmで走行なんて、まったく何を考えているんでしょうか。


車好きなのが悪いとは言いませんが、車愛好家で安全運転をしている人は見たことがありません。


命を守る立場の医師が、命を奪う危険のある運転をするという矛盾。


 

高級外車「フェラーリ」で法定速度を80キロ上回って暴走したとして、福岡県警は8日、同県大川市の男性医師(50)を、道路交通法違反(速度超過)の疑いで福岡区検に書類送検し、発表した。

医師は運転の様子を撮影した映像を動画サイトに投稿した後、反省して自ら名乗り出た。「フェラーリの良さを知ってもらいたかった。申し訳ありません」と頭を下げたという。

交通指導課によると、医師は昨年4月24日午前7時半ごろ、福岡市東区香椎照葉3丁目で、法定速度40キロの市道を124キロで運転した疑いがある。
車内の後部に設置したカメラから自分や風景を撮影し、約6分間の映像に編集して動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿していた。

昨年5月、動画を見た人から県警に「危険な運転をしている」などと通報があった。
医師は動画を削除したが、別の投稿サイトに流れており、インターネット上で批判されたり、勤務先の病院に苦情が来たりしたという。
医師は「フェラーリを自慢したかった。プロモーションビデオを作りたかった」と県警に動機を説明。約3千万円で購入したという自慢の車は、すでに処分したという。

(朝日新聞3月8日)



僕はフェラーリから見たら平凡な車に乗っていますが、他人に迷惑をかけるくらいなら高い車には乗りたくはない。



上の世代になるほど、車がステータスと呼ばれた時代を過ごしてきた分、高級車への執着が高い傾向にある。


「若者の車離れ」などとメディアは報じるが、車への執着が暴走を生むよりは幾分かマシではないか。





Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。