こんな時代に真面目で何が悪い

友達へのメールでも句読点はちゃんと付けます。はい。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな静かに!テリー伊藤が良い事言ってる 「サラリーマンだって保証ない」

テリー伊藤はあまり好きではないが、この発言には共感をせざるを得ない。


テリー伊藤が言及したのは母親の生活保護受給問題で謝罪会見を行った次長課長・河本に対して。


河本は会見中に「芸人は収入が安定していない職業」という言葉を持ちだしたが、
その言葉にテリー伊藤は「サラリーマンだって保証ない」と咬みついた。


 

母親の生活保護受給問題の渦中にあるお笑いコンビ、次長課長の河本準一(37)が25日、東京・新宿の吉本興業東京本部で謝罪会見を行った。


今年4月まで約15年間、生活保護を受けていたことを認め、「収入が多いにもかかわらず、むちゃくちゃ甘い考えだった。情けない」と涙で反省の弁を述べた。
売れっ子となった5、6年前からの受給費については「税金を負担する皆様に申し訳ない。きちんとお返ししたい」と直立で返納を誓った。


テレビプロデューサーのテリー伊藤は、「河本くんは生活保護の制度に甘えていたのでしょう。加えて、会見中に出た芸能人の収入は安定してない…という発言もまずいと思う。いまの日本はサラリーマンだって保証などない。芸能人は比較的収入が多いが、それは国民からの応援で成り立っている。この発言は応援に対する感謝の思いがないことの裏返しだ。前世代の日本人は、生活保護を恥ずかしいと思っていたが、いまは平気になっている。かつて蓮舫議員が『2位じゃだめですか!?』と発言したが、これは『最下位のナニが悪い!!』という情けなくなった日本中にはびこる問題だと思う」と語った。

(サンケイスポーツ5月26日)



サラリーマンが安定しているというのは終身雇用が機能していた時の話で、テリー伊藤の言う通り、サラリーマンであることになんの保証もない。


保証のある職業は利権で固められた一部の業界くらいではないか。


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。