こんな時代に真面目で何が悪い

友達へのメールでも句読点はちゃんと付けます。はい。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークのサービスコンセプトがぶっ飛んでると話題に 別に問題ないけどなぁ

スカイマークのサービスコンセプト

格安航空会社スカイマークのサービスコンセプトがぶっ飛んでると話題になっている。


航空会社のCAといえば美しさ・ステータスの象徴であったが、スカイマークのサービスコンセプトはそんなもの一切無視。


いや、良いと思いますよ。


 

改めて、スカイマークのサービスコンセプトを見てみよう。


1.お客様のお荷物はお客様の責任にて収納をお願いします。客室乗務員は収納の援助をいたしません。


2.お客様に対し、従来の航空会社の客室乗務員のような丁寧な言葉遣いを当社客室乗務員に義務付けておりません。客室乗務員の裁量に任せております。安全管理のために時には厳しい口調で注意することがあります。


3.客室乗務員のメイク、ネイルアート、ヘアスタイルに関しては「自由」にしております。


4.客室乗務員の制服は会社支給のウィンドブレーカー、ポロシャツのみ義務付け、それ以外は「自由」にしております。


5.客室乗務員の私語について苦情を頂くことがありますが、客室乗務員は保安要員として搭乗しており、接客は行わないものと位置付けております。お客様に直接関わり合いのない苦情についてはお受けいたしかねます。


6.幼児の泣き声等の苦情は一切受付けません。航空機とは密封された空間でさまざまなお客様が乗っている乗り物であることを ご理解の上でご搭乗いただきますようお願いいたします。


7.地上係員の説明と異なる内容のことを客室乗務員が指示することがありますが、そのような場合には客室乗務員の指示に従っていただきます。


8.機内での苦情は一切受け付けません。ご理解いただけない場合は定期運行順守のため退出いただきます。ご不満のあるお客様は、「スカイマークお客様相談センター」あるいは「消費者庁消費生活センター」へ連絡されますようお願いします。

(スカイマークより引用)



旅客輸送は目的地まで運ぶ事が第一で、接客は二次的なもの。
とはいえ、同じようなサービスの会社で差がつくのはやはり接客だろう。
でも、その接客合戦のし過ぎで、どのサービス業も「お客様を神様のように扱わなくてはならない」なんていう社会通念ができてしまった。


つい先日、「さんま岡村の日本人なら選びたくなる二択ベスト50!SP!」を見ていたところ、居酒屋の店員がひざをついて接客するのはやり過ぎという質問に対して、過半数がイエスと答えていた。


どう考えても、今までのサービスがやり過ぎだった。
庶民感覚では、丁寧すぎるサービスには恐縮してしまうのだ。


とはいえ、少数ながらも「お客様は神様であるから、お客様である俺には丁寧に接しろ」という人は一定数いるので、まだまだ受け入れられる土壌はないのだろう。


個人的には社会全体に浸透して欲しい考えなんですけどね。


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。