こんな時代に真面目で何が悪い

友達へのメールでも句読点はちゃんと付けます。はい。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都合の悪いニュースは報じない ネトウヨはそれでいいの?

正直、ネトウヨと言われる人はあまり好きではない。


事実いかんは問わず、日本を悪く言う事を許さない。
日本の国益を損なうような発言を許容しないからだ。


客観性のある立場で物事を見ないと、かの隣国のようになってしまう危険性がある。


例えば、タブレット端末関連の訴訟で英国ではサムスンがアップルに勝訴したのも、かの隣国とその他の国との報じ方が違う。


日本が都合の悪い事は報じないような国にはなってほしくないと願う。


そう願うのもまた愛国心ではないのか?


 

英高等法院が9日に出した判決理由は、サムスン電子の「Galaxy(ギャラクシー)」がアップルの「iPad(アイパッド)」より「クールではない」として、特許が侵害されたとするアップル側の主張を退けた。


サムスンが勝ったとはいえ、判決理由は誇れるようなものではないだろう。


日本のメディアは「クールではない」という理由を見出しにこのニュースを報じているのに対して、韓国メディアは当然判決理由については触れていない。



以下に韓国の主要新聞がどう報じたか見てみよう。


サムスンに軍配 アップルの訴え認めず=英高等法院


米アップルがサムスン電子のタブレット型端末に対し、デザインの特許を侵害したと訴えていた訴訟で、英高等法院は9日、「消費者が二つの製品を混同するほどデザインが類似しているとみることはできない」として訴えを退けた。ブルームバーグ通信が報じた。


今回の判決は、米アップルによる販売差し止めの申し立てを受け入れた米カリフォルニア州連邦地裁の判決と相反する結果で、今後、米国などで行われる訴訟に影響するとみられる。


アップルはサムスン電子など後発メーカーを対象に各国で特許侵害に関する訴訟を起こしており、サムスン側もこれに対抗して訴訟を提起している。

(聯合ニュース7月10日)


スマホ:ギャラクシーS3に最高評価=米誌


サムスン電子が先月、米国で発売したスマートフォン最新機種「ギャラクシーS3」が米国の消費者雑誌『コンシューマー・リポート』で最高評価を獲得した。


同誌は非営利団体(NPO)の全米消費者連盟が1936年から発行している歴史ある雑誌で、毎月自動車、家電などの分野別に製品評価を行っている。同誌はメーカーから製品の提供を受けず、独自に市中で製品を購入し、テストを行っているため、消費者による信頼度が高い。


一方、英国ではタブレット端末「ギャラクシータブ」に関する訴訟で、サムスン電子がアップルに勝訴した。ブルームバーグ電によると、英国の裁判所はギャラクシータブがアップルのデザイン特許を侵害してはいないと判断した。

(朝鮮日報7月10日)


都合の悪いニュースを報じないことが珍しいことだとは思わない。


芸能ニュースを見ていても、AKBの下位メンバーのスキャンダルはメディアが一斉に報じるのに対し、人気メンバーのスキャンダルは一般人が思っているほど報道が加熱しない。


都合が悪いことには、報道規制という圧力がかかるからだ。


ネトウヨと呼ばれる人たちは、日本という国を想うその気持ちは本物なのかもしれない。


だが、思い入れが強すぎてメガネが曇ってしまっては本末転倒ではないか。


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。