こんな時代に真面目で何が悪い

友達へのメールでも句読点はちゃんと付けます。はい。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◯◯離れシリーズに満を持して「AKB握手会離れ」が登場!

車離れ、お酒離れ、ブランド離れに釣り離れ。


挙げていけばキリがない◯◯離れシリーズ。


そのシリーズにとうとう「AKB握手会離れ」なるものまで登場!


そんな見出しで報じたのはメンズサイゾー。


このメンズサイゾーのわざとらしさと白々しさ。
結構好きですよ。


 

「もう握手は飽きた」CD売り上げが激減!? AKB48ファンの握手会離れ


8月に東京ドーム公演と前田敦子の卒業を控え、話題の尽きないAKB48だが、ある異変が起こっている。6月の選抜総選挙結果を立ち位置に反映させた新曲「ギンガムチェック」(キングレコード)の劇場盤売り上げがこれまでのように順調でないというのだ。


一般発売予定日は8月29日だが、すでに「キャラアニ」は劇場盤CDの予約申込みが開始されている。キャラアニを通じて予約すると10月、11月、12月の3回に分けて開催される「発売記念大握手会(希望メンバー個別握手会)」の参加券が必ず付いてくるため、握手会に参加したいファンは購入が必須だ。これまでのシングルも同様の仕組みで売り上げを伸ばしてきた。しかし7月17~18日に行われた第一次申込み受付で握手券18回分が完売したのは大島優子のみで、今まで即完売となっていた柏木由紀は13回分、SKE48の松井玲奈は9回分しか売れなかった。


<中略>


「劇場盤の予約開始はいつも1~2日前に告知されるのですが、今回のシングルについては17日の16時に告知されて同日18時から申込み開始という異例のスピードだったので、申込みそびれてしまったファンもいたのではないでしょうか。いつも大量買いをしてきたファンは総選挙に金を注ぎ込みすぎて金欠状態でもあると思います。ただ、新曲は前田敦子不在という点は大きいですし、彼女の卒業と東京ドーム公演でAKBの盛り上がりはすでにピークに達してしまったというファンも多いです。燃え尽き症候群のようなものでしょうか(苦笑)。握手会に熱を上げて恋人気分を楽しむファンもいるにはいますが、もう握手は飽きた、という声も聞こえます。1,000円払っても数秒会話して終わりですもんね。たとえ一万円分買っても、それを10回繰り返すだけですし、むなしくなりますよ」(アイドルライター)

(メンズサイゾー7月22日)


一人でCDを何百枚・何千枚と買ったAKBファンも、余程の金持ちでない限り、シングルが出る度に同じように買い続けることはできない。


なるべくしてなった状況なのかもしれない。


音楽不況の中、ミリオン連発で一人勝ち状態のAKB48。
でも音楽が評価されての売上ではないので、メッキが剥がれたら凋落は早いと思われる。


新曲「ギンガムチェック」はどれくらい売れるのか。


AKBファンが底力を見せてくれるのか。


今回のシングルが正念場になるかもしれない。



もし本当にAKBブームの終焉あるとしたら、今年の流行語大賞は「AKB握手会離れ」で決まりだね!


Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。